残業をしなくても良い薬剤師の職場の見つけ方

薬剤師として働く場合、勤務先によっては残業が発生することがあります。 多少の残業は致し方ありませんが、小さなお子さんを抱えている女性で あれば、頻繁に残業することは難しいものです。

そのため、必然的に残業が少ない職場で働くことになりますが、 残業をしなくても良い職場を見つけるためには、どうしたら良いの でしょうか。 ここでは3つの方法について、詳しくご紹介していくことにしましょう。

まず1つ目は、薬剤師の求人を専門で扱っている、転職サイトを活用する ということです。 年々、利用者が増えてきているようですが、薬剤師の求人のみを扱って いる転職サイトは複数存在します。この転職サイトの便利なところは、 条件を絞って瞬時に仕事を探すことができる点です。

例えば、短時間勤務であったり、残業不可であることを最初に設定して おけば、条件にマッチした求人のみをチェックすることができるため、 手間を掛けずに仕事を探すことができるといえます。

2つ目は、アルバイトやパート、派遣社員として働くことを検討すると いうことです。正社員と同様の福利厚生を期待することはできませんが、 ほとんどの場合、勤務時間内に仕事が終わるようになっているため、 残業をすることはほとんどないでしょう。

最後の3つ目は、業務内容を前もってしっかりとチェックしておくと いうことです。特に規模が小さい調剤薬局は、事務員を置いていないケースが 多く、調剤や服薬指導、事務処理、レセプト管理、処方箋チェックなど、 やるべき仕事が多くなってしまいます。

その結果、勤務時間内に仕事を終わらせることができず、残業することに なってしまうのです。これらの情報は、求人票から読み取ることは難しい ため、直接問い合わせて聞くしかありませんが、先ほどもご紹介した求人 サイトを活用すれば、専属のコンサルタントが代わりに対応してくれるため 便利です。

以上、残業をしなくても良い職場の見つけ方についてご紹介しましたが、 いかがだったでしょうか。できるだけ希望に沿った仕事を見つけることは、 それほど難しくはないことが分かったと言えます。 せっかく苦労して取得した薬剤師の資格ですので、存分に活かしながら 働いていきたいものです。

メニュー

ページの先頭へ