接客好きな人向き・ドラッグストアの薬剤師

薬剤師の主な仕事は、処方箋をもとに薬を整えることです。 ドラッグストアでは、病院で処方されるような医療用医薬品は取り扱って おらず、販売されているのはOTC(「OverTheCounter」の頭文字をとった もので、「カウンターごし」という形態を表しています)医薬品のみです。

一部の調剤部門が設けられている店舗を除けば、ドラッグストアで販売して いるのは一般用医薬品のみで、カウンターごしにお客様へ販売するように なります。

OTC医薬品は、養毛剤などの第1類医薬品、解熱剤・鎮痛剤・風邪薬など の第2医薬品、ビタミン剤などの第3医薬品の3タイプに分類されています。 第2医薬品を購入する際には薬剤師による説明・指導・アドバイスが必要に なるため、ドラックストアで求人があります。

薬剤師の仕事として思い浮かぶ主なイメージは「処方箋をもとに薬を整える」 ことですが、ドラッグストアの薬剤師の場合、直接対話する機会がたくさん あります。 医薬品販売以外にもお客様の相談相手になることも多く、接客が苦手な人 には不向きな職場といえるでしょう。

ほかにも、ドラッグストアでは、コスメ、ベビー用品、介護用品など、 さまざまな商品を扱っています。医薬品とは直接関連はなくても、 店内のことは一通り知っておく必要もあります。 やはり、どんなところでもお客様が第一ですから、「私は分かりません」 では困ります。幅広く商品知識を身に付けたいという姿勢が必要になる でしょう。

気持の良い接客が出来る人はドラッグストアの薬剤師として最適ですし、 採用側が求めている人材といえます。 大手のドラッグストアであれば、福利厚生や給料などの面で、調剤薬局 よりも整っているところが多いようです。 ただし、土日祝は必ず休めるとは限りません。

また、ほとんどのドラッグストアでは、販売だけでなく、売上管理、棚卸、 発注などの業務も担当します。他店舗の応援に派遣されることもあるので、 順応性やコミュニケーション能力が求められます。 さらに店長などの管理職になると、採用や経営も任されるようになります。

メニュー

ページの先頭へ