薬剤師の転職の頻度は採用に影響するのだろうか?

▼パート薬剤師として調剤薬局で仕事をしている女性からの相談です。

「転職を考えているのですが行動しようとすると、ちょっと聞きたいこと が出てきたので相談させてください。転職回数について少ない方が良い イメージがあると私は思っています。

けれども派遣やパート社員の場合は、ライフスタイルの変化によって 転職したり、会社の契約期間や事情によってやむを得ず転職すること だってあると思うのです。

転職回数が多くなると採用にはマイナス要因になるのでしょうか? 私自身は旦那の転勤が多く転職は現在4社目になるんです。 今回の転職希望は自分のスキルアップを考えているのですが、 その理由も正直に言った方が良いのかどうかも不安です。 また同じ調剤薬局に転職を考えているのですが、今の勤務先と近い 場合は避けた方が良いのでしょうか?」

▼B様からのアドバイスです。

「転職回数は、どちらかと言えば少ない方が良い印象であるのは間違い ないでしょう。けれども私の転職回数は5回になります。 それも正社員で勤務したのは最初の1社だけで、あとは期間雇用の仕事で 事務系や販売系などいろいろでした。仕事をした期間も長くて6カ月、 短期間ならば2カ月ですね。

先月から販売系のパートタイムで仕事をし始めていますが、面接時に 採用担当の人が履歴書と職務経歴書をチェックしながら『いろいろな お仕事をされていますね。短期間のお仕事も多いですがどうしてですか?』 と、案の定質問されました。

私は、『転職する都度、正社員の仕事を希望していなのですが、 期間限定の仕事の募集ばかりでやむを得ず期間雇用の仕事になってしまい ました。もしもこちらで採用していただけるならば、短期間じゃなく 長期間でお世話になりたいと思います』と正直に答えました。

あなたの場合は、『主人の転勤によって、やむを得ず退職しなければ なりませんでした』と理由を説明すれば問題はないでしょう。 転勤先の距離に関しては、私の場合は徒歩5分程度の距離の会社になった こともあります。どこの会社からも特に問題視されたことはなく 「近くですね」と言われる程度でした。

メニュー

ページの先頭へ