人間関係で悩む薬剤師の転職

薬剤師の転職理由の上位には常に「人間関係」という要因が上ってきます。 そのため、転職を希望する薬剤師の方の多くは「次の職場は人間関係が 良い所を選びたい」という希望を持っていらっしゃいます。

確かに、どうせ薬剤師の資格を活かして働くのであれば、出来るだけ 良い職場で働きたいと考えるのは当然のことです。

しかし、病院や調剤薬局など薬剤師の世界は他の業種よりも狭く、 転職後のちょっとした噂や誤解によって人間関係が悪化することも 少なくありません。そのため、人間関係が原因となって転職を考える ようになった場合、注意すべき点があります。

その注意点とは「人間関係が原因で転職した人の多くが、転職先でも 人間関係に悩み退職するケースが多い」というものです。

職場の雰囲気や人間関係に耐えられずに転職した場合、転職先でも 上手くいかないと「また職場が自分に合わない」と落ち込んでしまい、 問題を解決する努力をする前に、再度転職という方法を用いて環境を 変えてしまいがちなのです。

その結果、転職先でも長く続かず、転職回数ばかりが増えてしまうと いう悪循環に陥ってしまうのです。

こういう悪循環に陥りやすい薬剤師の方の場合、視野が非常に狭く なっていたり、自分の殻に閉じこもってしまっている傾向が強く 見られます。 そこで、人間関係に悩んで転職をする場合には、新しい職場で以下の ようなことを心がけてみて下さい。

・職場の環境や人間関係で良い部分を探す
・職場内で相談相手や自分の味方になってくれる人を作る
・相手の主張にしっかり耳を傾ける

人間関係で悩み転職した方の場合、どうしても新しい職場で「否定」から 入ってしまうという傾向が強くなります。 しかし、自分の仕事が上手くいかない理由や職場に馴染めない原因を、 職場や同僚に転嫁してばかりでは前に進めません。転職をしたら、まずは 相手を変えようとするのではなく、自分の考えを見直すことから始めて みましょう。

また、最近は薬剤師の転職支援サイトなどはフォロー体制が非常に しっかりしていますので、転職活動中に利用するのも良い方法です。

例えば、転職を希望する先の「職場見学」や「体験入社」が可能であったり、 転職後に生じた悩みや不安を和らげてくれる「アフターフォロー」を 完備した転職支援サイトも少なくありません。 こういったサービスを利用することで、転職でのミスマッチを防ぐこと もできますし、新しい職場での不安や悩みを早期に解決することができますよ。

メニュー

ページの先頭へ