助産師に向いている人とは

どのような仕事でも、向いている人と向いていない人がいますよね。 助産師の場合は、どのような人が向いているのでしょうか。 やはり、赤ちゃんが好きという人は向いているといえるでしょう。

元気な赤ちゃんを取り上げることができた時の喜びというのはとても大きいはずです。 しかし、赤ちゃんが好きなだけで勤まる仕事だとは思わない方が良いでしょう。

まず、体力のある人でなければ助産師という仕事は務まりません。 お産は、妊婦さんはもちろんのこと、助産師の体力も求められるものなので、体力の不足を感じている方はトレーニングをしておいた方が良いでしょう。

出産というのは、いつ始まるか分からないものです。 陣痛が長時間続けば、それだけ妊婦さんをサポートする時間も長くなるわけなので、じわじわと体力が削られてしまいます。
助産師で転職をお探しの方

それに、お産の最中というのは緊張感が高まるため、ただ過ごしている以上に体力を必要とするのです。 それから、思いやりの溢れる人でなければ助産師として活躍していくことは難しいでしょう。

妊婦さんは助産師の助けを必要としますが、精神的に寄り添える助産師でなければ本当の意味で妊婦さんを支えていくことはできません。 出産を控えた妊婦さんの中には大きな不安を抱えてしまう方もいます。 そういった方を支え、安心させる人が助産師に向いているでしょう。

精神状態が不安定になっている妊婦さんの中には助産師に辛く当たってしまう方もいますが、そういった場合でも相手のことを優しく受け止められるおおらかさも求められます。

助産師は非常にやりがいの大きな仕事であるため、妊婦さんや赤ちゃんを支えていきたいと思っている方はこの職業を目指してみると良いですね。

出産は、必ずしもすべてが成功するわけではなく、時には悲しい結果につながってしまうこともあるでしょう。 人の命に関わる職業でもあるため仕方がないのですが、そういった時も強い気持ちで妊婦さんを支えられる助産師を目指していくと良いですね。

助産師の将来性について

助産師という職業は、将来的に見ても需要がなくなることはありません。 現在は、少子化が進んでおり、分娩の数は減っています。 そのため、産科や助産院の中にも経営が成り立たず、閉鎖をするところも増えてきました。

だからといって助産師の活躍の場が減ってしまったというわけではないのです。 今注目されているのが、助産師外来だといえるでしょう。 助産師外来とは、産婦人科医が減ってきているという問題をカバーするためにも欠かせないものになっています。

助産師が妊婦の検診などを行い、産婦人科医をサポートするのが助産師外来です。 今後は、さらに助産師外来が注目されていくと考えられており、需要がなくなることはないでしょう。

助産師といえば、お産に関する職業をする資格ではありますが、総合的に妊婦さんを支えていく職業でもあります。

昔は、大家族の中で大勢が寄り添って赤ちゃんの面倒を見ることも多かったのですが、現在は核家族化が進んでおり、これから出産を迎えるという方の中にも赤ちゃんに触れたことがない方がたくさんいます。

その中で赤ちゃんに対してどのように接していけばいいのかが分からず、戸惑ってしまう妊婦さんも珍しくありません。

助産師は、そういった妊婦さんを支えるという役割も持っているため、助産師という資格が不要になるようなことはないといえます。

それから、助産師が関わっていくのは妊婦さんだけではありません。 学校で教育の一環として行われる性の話や家族計画指導などを行っていくというのも助産師の役割であるため、活躍の場は非常に広いといえるでしょう。

今は、少子化の問題が叫ばれていますが、できるだけ女性が出産に前向きになれるように様々な取り組みが行われていますよね。 今後、出生率の増加も期待されていますが、それに関する活動に関わっていく場面も多いでしょう。

このように、助産師は、様々な立場、場面で出産や子育てに関わっていける職業であるため、将来性は非常に良いといえます。

薬剤師転職サイトの活用、無料で登録!

少しでも良い条件、良い環境で転職する人たちが多いですが、上手に転職をしないと後悔してしまいます。ここでは薬剤師転職術として、薬剤師転職サイトへ登録することを説明しましょう。

人材紹介会社を使った場合のコスト負担ですが、求職者側から利用料を請求されたりすることは一切ありません。その理由は、求職者を就職させることに成功した場合に、採用側から成功報酬がもらえるシステムになっているからです。

選択のポイントとしては、よりたくさんの求人案件を持っていて細かい所までフォローしてくれる会社で、できるだけ大手の会社を選ぶと良いでしょう。まずは数社の薬剤師専門の人材紹介会社を選んで検討してみてください。

実際に登録する場合は3社程度に絞り込むと良いと思います。4社以上になりますと紹介される求人案件がダブってきたりするケースがでてきます。コンサルタントから提出された求人案件については全部目を通すから重複案件が多くなると時間が無駄です。

人材紹介会社の求職者登録ページにアクセスすると、<登録はコチラ>というようなボタンが設置されています。これをクリックして登録欄があるページにジャンプするケースもあるし、求職者登録ページが登録フォームになっている場合もあるでしょう。

入力をしなければならない必須情報は住所・氏名・電話番号・電子メールアドレスなどの個人情報です。

その後は、会社によって違いますが一般的には登録手続きをした人材紹介会社から仮登録完了のメールが届いて正式登録へのURLが掲載されていることが多いです。そのURLをクリックすると本登録が完了して、あなた専用の会員アドレスとIDが配布されるます。

その次に、自分専用のホームページから履歴書&職務経歴書を送付する段階へ移行します。自分専用のホームページに入力するページが用意されていて、そこの項目に入力していくと履歴書や職務経歴書が自動的に作成される仕組みになっている場合が多いです。

以上、薬剤師転職術:人材紹介会社へ登録する流れを説明しました。その後、希望条件などをコンサルタントとやり取りしていくことになりますが、最後に転職活動をする薬剤師の方にありがちなお悩みについて紹介します。それは、「年齢で差別されることはないの?」という悩みです。

幸いなことに、薬剤師は昨今の人手不足の影響もあり、サラリーマンやOLに比べて転職活動において「年齢の不利」が少ないのが特徴です。とはいえ、20代の薬剤師と50代の薬剤師が全く同じ条件で転職活動ができる、ということではありません。詳しくは下記をご覧ください。

以上、薬剤師の転職活動に必須の転職支援サイトの活用法について紹介しました。みなさんの転職活動のお役にたてば幸いです。

薬剤師のお役立ちサイト

高知県の薬剤師会のHPです。高知県在住の薬剤師の方向けの研修会の案内や、仕事の紹介、また高知県内の県民の方向けの情報発信を行っています。
金沢赤十字病院

メニュー

ページの先頭へ